社員教育に欠かせない目的とは

新入社員研修の目的とは

社員教育にも、いろいろなレベルがありますが、新入社員が入社した時に社員教育を行う会社は多いです。新入社員に対しては、どのような目的で社員教育を行うかといえば、基本的に社会人として最低限必要なマナーや知識を覚えてもらうことです。実際に、その段階でどの課に配属されるかまだ決まっていないはずですので、具体的な仕事内容まで教えられることはありません。社会人として必要なことは、まずあいさつでしょう。あいさつの仕方として、お辞儀の仕方や声の出し方などを教わることになるでしょう。それ以外でも、電話での話し方なども教わることになります。後は、接客をするときの最低限のマナーを身につけるのことも新入社員の社員教育の目的になります。

中堅社員に対する社員教育の目的

新入社員から1年以上経過すると、すでに新入社員として扱わない会社がほとんどです。なぜなら、その年にまた新しい新入社員が入ってくるからです。それ以降は中堅社員としての扱いになることが多くなります。この段階で、すでに仕事内容も決まっており、ある程度仕事に慣れてきている段階です。また2年目以上の人も、仕事に慣れてきているはずですので仕事をより合理的に進めるために社員教育を行うことがあります。最近よくテーマになっているものの一つは、重要性に関してです。仕事にも、重要なものと重要でないものがあります。また、緊急性が必要なものと緊急性のないものもあるでしょう。それぞれの現場で重要性と緊急性を判断できるように教育していくのが一つの目的です。

新人研修は、職場内で日々の業務をこなすために必要な知識を学べるだけでなく、同期と親睦を深めたり、積極性を高めたりするうえで良い機会となっています。

© Copyright Employee Educational Assistance Program. All Rights Reserved.