eラーニングを使う社員教育

eラーニングとは何か

社員教育にeラーニングを取り入れることで効率的な教育を実現している企業も多くなってきました。eラーニングとはオンラインシステム上にテキストとテストを用意しておき、社員にシステム上でテキストを読んでもらってテストを実施してもらうという形で行う教育方法です。パソコンやスマートフォンなどでいつでもアクセスできるため、研修時間を拘束せずに業務の合間に行ってもらうことができます。また、場所も問わないので外勤の人でも問題なく教育を受けることができ、本社や支社がたくさんあっても一箇所に集まる必要がないのも特徴です。eラーニングを受ける期限を設けておけばその日までには全社員が受講するようにできるため、重要事項を速やかに伝えることができます。

eラーニングはどんな教育に向いているか

eラーニングによる社員教育は社員に気軽に受講してもらえるという点で優れていて、セミナー会場などの手配もする必要がないのは魅力です。ただし、どんな教育をするときにもeラーニングが向いているとは限らないので気をつけましょう。eラーニングはテキストを読んでテストに回答し、もし合格点に達していなかったら再度テキストを読んで回答させるというプロセスで行います。そのため、この内容は社員にルールなどを記憶されるときには有効です。しかし、課題に対して柔軟に対応する力を育んだり、他の社員とのコミュニケーションの機会を作って連携を図れるようにしたりするのには向きません。使い方をよく考えた上で社員教育に導入しましょう。

© Copyright Employee Educational Assistance Program. All Rights Reserved.