社員教育が必要な理由とは

会社によって求めるスキルは違います

同じ業種・同じ商品を取り扱っていても、会社が違えば販売方法や取り組み方は、まったく違ってきます。商品の良さや性能を前面に押し出して商品の魅力を伝える販売方法があれば、お客様の不安を取り除いてあげるお客様主体の販売方法もあります。どちらが正しくて、どちらが間違っているというのはありませんが、同じ会社のなかで目指すべき販売方法が人によって変わってしまうことは避けたいところです。その会社の経営理念に沿った考え方・行動ができるかが重要になるのです。そのため、社員教育を実施することによって、会社の方向性を理解してもらい、従業員ひとりひとりが同じ考え方に基づいてサービスができるようにする必要があるのです。

ベクトルを合わすことで強い会社が生まれます

同じお店に来ているのに、店員によって態度や説明がまったく違っている。これでは、お客様がお得意様になってくれるはずはありません。目指すところは、どの店員でも高いレベルで同じような接客ができるようにすることです。皆が同じだったら機械と変わらないと思うかもしれませんがそうではありません。 会社は、将来の成長ビジョンを描いていますが、そこに辿り着くためにはどうすればいいかを日々考えながら運営しています。未来のために、いま何をするべきかを全従業員が理解する必要があるということです。細かい接客方法を同じにすることではありません。会社の成長のために、全従業員が同じ目標を持つことができれば、自然と何をするべきか同じ答えに辿り着きます。社員教育は、会社の想い・目的を共有する重要な場になるのです。

© Copyright Employee Educational Assistance Program. All Rights Reserved.