アクティブラーニングによる社員教育

優秀な人材を育てることができる手法

社員教育はきちんと実践的な形で実施しないと、良い人材を育成することができなくなるので、様々なメソッドが導入されています。数ある社員教育の手法の中でも、アクティブラーニングは効果が高い方法として注目されており、各種の教育機関においても実施されています。基本的にアクティブラーニングは、知識や技能を講師が指導するというよりは、教わる側が様々な形で参加する形の教育メソッドです。実際のアクティブラーニングの授業において実施されているのは、討議や体験授業などのカリキュラムで、自分で考えて行動する能力を養うことができる点が最大のメリットといえます。近年では能動的に動くことができる人材が求められているので、アクティブラーニングは社員教育の際に注目されています。

豊富なプログラムが用意されている

アクティブラーニングを社員教育の際に実施する場合には、基本的に少人数のグループで課題に取り組むことが多いです。そして様々な課題に対してチームで協力して解決していくプロセスにおいて、色々な経験を積むことができます。具体的なプログラムとしてはゲーミフィケーションなどのシステムを導入しながら、楽しみながら必要な能力を習得する形式が一般的です。また実際に各種の現場に行って様々な課題や問題を体験しながらチームで状況を改善していく形も頻繁に実施されています。もちろん授業形式のプログラムも用意されており、色々な企業において確かな実績があるフォーマットを活用して、アクティブラーニングを実施するケースも多いです。

© Copyright Employee Educational Assistance Program. All Rights Reserved.